声優アーティストを目指すなら自分に合ったレッスンを無料体験しよう

昔は憧れの職業に保育士や警察官、看護師などありましたが今グングン上位にきている憧れの職業が「声優」なんです。
プロの声優として活躍できるのはほんの一握りかもしれない厳しい道ですが、その夢を目指して多くの人が通っているのがボイストレーニングなどの専門・養成学校です。
その学校の数も増えてきており、ボイストレーニングに通う人は声優を目指している人に限らず歌手やアナウンサーなど人前で表現する人も多いようです。

今は声優さんが歌手デビューし紅白出場をしていたりと幅広い活躍をしている時代ですので、声優アーティストになるために授業を通して歌手と声優の両方のスキルを習得できるコースが特に人気があるようです。
また学校によってはオーディションの情報などを公開しておりその際のマナーやポイントなどもマンツーマンで教えてくれる所もあるようなので、無料で体験できる場合には実際に授業を受けてみたりしながら自分に合ったレッスンが出来るところを探しましょう。
滑舌や発声のトレーニング、そして表現力が必要になりますので演技指導やじプロのエンターテイナーをめざしきちんとした基礎を得ているようです。

提携モデルプロダクションの紹介
SWEET FACTORY

声優のボイストレーニングについて

声優さんが行っているボイストレーニングは、どれだけ人前で声を張り上げられるか、という点につきます。
自分の出している声がどんなものか知るために、自分の声を録音したものを聞き、欠点を把握します。
その後は、舞台経験を積んだり、野外での発声練習で、羞恥心を取り去る訓練をしたりします。
声優の声は、演技のためのものです。大それた心もボイトレと一緒に鍛えます。
また、特徴的な声を作る事もボイトレの一貫です。
吹き替えで有名な安原義人は、わざとかすれた声を作るために、海に向かって叫び続けたというエピソードがあります。体を鍛えると共に、自分の声の質感までもコントロールしているのです。同じようなエピソードは多くあり、ある女性声優もハスキーボイスを獲得するために、意図的に喫煙をしているという話です。

ボイストレーニングって何から始めればいいの?

ボイストレーニングって何から始めたらいいのか分かりませんよね?
歌というのは、基礎体力(要は全身運動です)。ジョギング、水泳、テニスでも相撲でも何でも良いんです
「体力つけましょう」って事です。若々しく健康的でって事ですね。
腹筋運動をすると効果的って良く聴きますが。実際はどうなんでしょうね?まったく必要ナイとは思いませんがたぶん過剰にやる事は、逆効果になったり。やりすぎると ”甲子園の選手宣誓” のようなすごく大きいけど堅くてカチカチの声になってしまうようです。
実際高音域を出すときには腹筋よりも背筋の方が強い力を求められます。歌には軸となる体の支えが必要ですので、足腰の鍛錬も大事です。基礎体力」と「歌いこむ事で培われる体力」が初めて声量や音域のUPにつながります。ですから、歌うたいの中には「運動部出身者」も少なくありません。 体力がある分、音楽的な発声を伸ばしていけば早く伸びるからです。個人的には水泳やマラソンがお勧めです。腹筋だけするよりもずっと効果があります。

トレーニングだけを受ける場所じゃない

ボイストレーニングというのは単純に発声練習を行うだけではありません。色々な部分での技術指導が行われ、より喉への負担を減らすための方法を知ることができます。自分が思っている以上に力を入れている状態であれば、力を抜くためのコツを教えてくれることもあります。そのため単純にトレーニングだけをするのではなく、色々な情報を仕入れる場所でもあります。
また声優の場合はオーディション関連の準備をすることもあります。トレーニングを行っている場所では色々なオーディションに参加するための情報を提示しており、それを知って準備をすることも可能です。自分の状態を確かめる以上に、次へ向かっての進歩という物が得られる場所と言えるでしょう。

ボイストレーニングは綺麗な声を出すには重要

ボイストレーニングは歌手、声優などの声を出す仕事の人には欠かせないトレーニングで、専用のボイストレーナーから指導をしてもらいます。
ボイストレーニングですることは、声を出す時に使う喉や舌の動きを綺麗にすることと、お腹から呼吸をする腹式呼吸の動きを学びます。
喉の動きや舌の動きを調整することで発声が良くなります。
声を出す時の体のバランスを調整することで声が上手く出すことが出来るのです。
筋肉をリラックスさせてからお腹、喉、舌の動きを良くすることで歌が上手くなったり、喉を開くことで歌が上手くなります。
リズム感を養って言葉の発声が良くなるので声優や歌手を目指している人がボイストレーニングに通っています。

意識が高い歌手や声優のボイストレーニング

歌手や声優の方は声でお仕事をしていますので、かなり意識が高いです。一度声を痛めてしまうとそれが原因で、声が出せなくなってしまったり、後に支障を残してしまうのでしっかりと管理している方がほとんどです。そんな歌手や声優のボイストレーニングは、ボーカルスクールで学んでいる方が多いです。喉を傷めないように基礎的なボイストレーニングを行う事が多く。喉を少しずつ慣らしていく方法がいいです。このように歌手や声優は意識が高いので、ボイストレーニングは日課として行っている方はほとんどです。実施する事で本来持っている声量や声帯を出す事ができ、魅力的な声を出す事ができます。近年ではボーカルスクールでの歌手や声優も多くなっており、そこで基礎的な事を学んでいます。

トレーニングで負荷に耐えられるように

歌手や声優はボイストレーニングを行うことが必要とされており、それによって滑舌をよくすることが可能となりますが、もう1つ重要な部分として負荷に耐えられるような状態にすることも重要となります。歌手の場合はコンサートで喉に強い負荷をかけることとなるため、それに耐えられるだけの喉を作らなければなりません。
色々な部分を確かめるようにして、より多くの負荷をかけながらトレーニングを行います。最初のうちはすぐにおかしい状態となりますが、慣れてくると色々な部分が改善して話しやすい状態となってくるはずです。現役で活動している方でも必ず続けているトレーニングの1つであり、これを疎かにすると耐えられなくなって喉の状態を悪化させてしまうのです。